診断ロジックのタイプ

診断コンテンツのロジックタイプ

診断コンテンツのロジックには、大きく分けて2つの分類があります。

一つは、回答状況に関わらず質問が同一のです。

もう一つは、回答状況に応じて質問が動的に変化するがあります。

Judgeでは両方式に対応可能ですが、動的質問方式を推奨しています。

固定質問方式

固定質問方式の診断ロジック

固定質問方式は、訪問者が選んだ選択肢に関わらず次に表示する質問が常に同じものを表示するタイプの診断ロジックです。

アンケートでしたら固定質問が必要になるケースはありますが、診断においてはユーザーへの質問は必要最小限に留め、不要な質問はしないことがユーザビリティにとって重要です。

大規模で複雑な診断ほど固定質問方式では回答者にとって苦痛になってしまいます。大量の質問や毎回同一の質問をされるより、必要最小限で回答状況によって質問が変化する方が楽しいのは当然の感覚ですね。

以上のことから、弊社では固定質問方式はおすすめしないロジックです。Judgeにおいても非推奨のロジックとなっています。


何らかの理由で固定質問方式で作成したい場合、下図のように同一の質問と選択肢を複数作成すれば固定質問方式を表現することは可能です。

下図の例では、質問Bと質問Cとそれらに紐づく選択肢を複数作成しています。

固定質問方式の作成方法

動的質問方式

動的質問方式の診断ロジック

動的質問方式は、訪問者が選んだ選択肢に応じて動的に次の質問が変化するタイプの診断ロジックです。フローチャート式と呼ばれることもあります。

上図のように1つの質問に回答しただけでも診断結果を表示できるケースでも、固定質問方式だと全ての質問に回答しなければなりません。一方、動的質問方式であれば、即座に診断結果を表示できます。

このようなことから、表示する質問を最小限に抑えられ、診断結果に最短で導くことができるユーザビリティが高いロジックと言えます。

1つの質問に回答し、次の質問が前の質問から派生するような更に絞り込んだものであれば、回答側は自分のためにインタビューされているような好印象を抱くはずです。

動的質問方式の診断ロジックをウェブページに導入する際には、通常であればHTML/CSS/Javascriptなどの豊富な知識、高い作成難易度、多大な費用と工数などが求められます。

しかし、Judgeであれば低価格で簡単に作成することができます。また、業者に作成依頼した場合は気軽に質問等を修正することは難しいですが、Judgeであればいつでも自身で修正できます。

それに加えて、上図のようなフローチャートを即座に図示して質問と選択肢の構造を確認できるため、EXCELなどで設計する手間も大幅に省くことができます。上図のフローチャートはJudgeの機能で自動的に生成したものです。 その他にもJudgeでは効率的な作成をサポートする様々な機能を備えています。


動的質問方式の作成方法

  1. > > > 画面に移動。
  2. Judgeは、という特徴を持ちます。したがって、下図のように選択肢に続く次の質問を自由にドロップダウンリストから選択して接続できます。

    この例では、「質問A」の「選択肢Aー1」に続く質問として「質問B」を選び接続しています。

    選択肢に続く次の質問を選択

診断コンテンツ作成時のポイント

下記ポイントを押さえて効果的な診断コンテンツを作成しましょう。

最小質問数で診断結果を表示できるようにする

  • 少量の質問で素早く診断結果を出せるにも関わらず、不要な質問をしていないかチェックしましょう。質問ごとに樹形図のように分岐を増やすのではなく、既に作成済の他の質問に接続できないか検討しましょう。

選択肢を多くしすぎない

  • 選択肢が多いと判読しにくく離脱率が高まります。可能であれば、4個程度に抑えるようにするのが理想です。選択肢を統合できないかも検討してみましょう。

商材イメージに合うデザインテンプレートを選ぶ

  • 提案したい商品やサービスのコンセプトイメージに合致するような診断コンテンツのデザインを選択しましょう。

診断コンテンツは、訪問者の興味や関心を効果的に引き立てることができます。

紹介したい商材が複数であったり複雑であればあるほど、消費者が求める答えに最短で導いてくれる診断コンテンツの価値は高まります。

ぜひJudgeの導入をご検討いただき、不明点等ございましたらご気軽にご相談ください。